アートメイクTips:口唇ヘルペスについて

口唇ヘルペスについて

リップのアートメイクをされる方の中には、口唇ヘルペスを発症される方がいらっしゃいます。ここでは、口唇ヘルペス発症のメカニズムと対処について触れたいと思います。

原因はヘルペスウイルスです

くちびるやその周囲に小さな水ぶくれができる病気”口唇ヘルペス”は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。このウイルスの特徴は最初に感染(初感染)して免疫を獲得して、その人に抗体ができても機会があれば再感染や再発を繰り返すということです。大人にみられる口唇ヘルペスのほとんどが再発型で、年1~2回の再発が多いようです。

抗体を持っていない人が増えています

単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2つのタイプがあります。

1型はくちびる、顔面など上半身に、2型は性器を中心とする下半身に主に発症します。以前はほとんどの人が乳幼児期に周囲の人々との接触により1型に感染して抗体を持っていましたが、衛生状態の改善や核家族化などの影響で、今日では20代~30代でも半数ぐらいの人しか抗体を持っていません。乳幼児期の初感染は症状がないか、あっても軽いものに対し、大人の初感染は症状が重くなりがちです。

ウイルスは体内にひそんでいて何らかのきっかけで再発

乳幼児の単純ヘルペスウイルス1型の初感染はヘルペス性口内炎などで現れることもありますが、たいていは症状が出ません。初感染の後、ウイルスは神経節にひそみ、何らかのきっかけで暴れだして口唇ヘルペスなどとして再発します。初感染で口唇ヘルペスということもありますが、日常みられるほとんどが再発型です。

風邪で熱が出た後にみられる”風邪の華”(”熱の華”ともいう)が口唇ヘルペスです。風邪以外にも疲労、紫外線、胃腸障害、外傷、ストレス、老化、抗がん薬・副腎皮質ホルモン薬・免疫抑制薬などの体の抵抗力や免疫機能の低下が再発の誘因となります。

※リップのアートメイクは、この外傷に当たり、神経節に潜んでいたウィルスが、抵抗力や免疫力が低下している際に、アートメイクが引き金となり発症します。

口唇ペルペスの経過

初感染であるのか再発であるのか、体調のよしあしなどの要因で、症状の程度は異なりますが、口唇ヘルペスは基本的に次の4つの段階を経て2週間ほどで治っていきます。

前駆期の症状:ピリピリ、チクチク、ムズムズする

水ぶくれが現れるのに先立ち口唇ヘルペスのきざしがみられます。皮膚にピリピリ、チクチク、ムズムズなどの熱感、違和感、かゆみを感じます。再発を繰り返す人は自分でわかるようです。

はじめに現れる症状:赤く腫れる

皮膚の熱感、違和感、かゆみなどの自覚症状から半日以内に赤く腫れてきます。の時期は患部でのウイルスの増殖が活発です。このような早い時期に治療を始めることが大切です。

2~3日後に現れる症状:水ぶくれができる

赤くはれた上に水ぶくれができます。この中にはウイルスがたくさん存在します。水ぶくれは初感染では大きく、再発を繰り返すと小さくなっていきます。水ぶくれが破れてしめっぽくなった幹部に触ると感染します。口紅などが合わなくてできる水ぶくれはくちびる全体にできるのに対し、口唇ヘルペスでは、1カ所にできるのが普通です。

回復期の症状:かさぶたができる

かさぶたができて治っていきます。
単純ヘルペスは皮膚に痕を残さないのが特徴ですが、体の抵抗力が低下している人では、えぐれた痕が残ることもあります。また、まれに患部近くのリンパ節がはれることもあります。

再発のきざし

やっかいなことに口唇ヘルペスはしばしば再発し、その回数は年に1~2回が多いようです。日常よくみられる口唇ヘルペスのほとんどが再発によるものです。普通は、再発の度に軽症化し、水ぶくれは小さくなり、患部も狭い範囲におさまります。ただし、アトピー体質の人では重症化することもあります。

赤くはれて水ぶくれができ始める3~4時間前に、くちびるや鼻のまわり、顔面にピリピリ、チクチク、ムズムズなどの再発のきざしがあるため、再発するということが自分でわかるようです。

早めに治療するほうが効果的

再発の予感がしたら、あるいは、口唇ヘルペスの症状が出たら、早い時期に治療を始めるほうが、治りも早くなります。治療にあたってはウイルスを退治する抗ウイルス薬を使うことが最も効果的です。

最近では、軟膏や錠剤の抗ウイルス薬もあるので、手軽に治療できるようになりました。ただし、抗ウイルス薬はウイルスの遺伝子に働いてウイルスの増殖を抑制するもので、ウイルスを殺す作用はなく、また、神経節にひそんでいるウイルスにたいしても効果はありません。したがって、症状が出ている間、特に症状の出はじめのウイルスがふえている時期が治療のよい機会なのです。

口唇ヘルペスになったら

口唇ヘルペスは精神的・肉体的ストレスにより体力や抵抗力が落ちているときに再発することが多いのです。そのため、バランスのよい食事をとり、十分に休養を取ることを心がけてください。

単純ヘルペスウィルスは一度感染すると、その後神経節に潜んでいます。それが時々暴れて症状が出るのですが、この暴れているウイルスの増殖を抑制するのが抗ウィルス薬です。抗ウィルス薬の中にも、軟膏、錠剤、注射薬などいろいろな種類があります。

医師は、効果と使いやすさを考えて症状に合った抗ウィル薬を選択し、その他の状況に応じて鎮痛剤、ビタミン剤、抗生物質などで治療します。何はともあれ早めの治療が功を奏します。再発を繰り返す人、あるいは、海や山に行くと必ず再発するというような人は、医師に相談し再発の兆しがあった場合、どの様な処置をすべきかについて指導を受けておくとよいでしょう。

人との接触に注意しましょう

症状が出ている時期はウイルスの量も多く、感染源になるので、人との接触には注意が必要です。相手が抗体を持っていて抵抗力がある場合には発症しないか、発症しても軽症ですが、相手が重症化しやすいのは、次のようなケースです。

新生児免疫機能が未発達なので全身に強い症状が出るため、キスなどは避けてください。なお、母親が既に抗体を持っている場合、抗体が胎盤を通じて新生児に渡り、それほど重症化しません。いずれにしても症状が出ている時は赤ちゃんとの接触は控えるほうがよいでしょう。

体を持っていないパートナーオーラルセックスで相手に性器ヘルペスを発症させる危険性があります。初感染の性器ヘルペスは重症化するので気をつけましょう。抗体をもっているのかが気になる人は検査を受けるとよいでしょう。

アトピー性皮膚炎の人皮膚にバリアーがないので皮膚に触れると簡単に感染し、重症化します。病気などで免疫機能が低下している人白血病、悪性腫瘍、移植手術後などの患者さんに対してはお見舞いも控えましょう。

患部に触れないように

  • 患部に触れた指で目を触らない
  • コンタクトレンズを唾液で濡らして装着しない
  • 水ぶくれは破らない
  • 水ぶくれが破れると細菌感染も加わり痕が残ることもあります。
  • タオルなどは共用しない

単純ヘルペスウイルスの感染力は強く、ウイルスがついたタオルや食器からも感染するのでこれらの共用は避けてください。

食器は洗剤で洗う

食器についた唾液の中でウイルスはかなり長い時間生きています。洗剤できちんと洗いましょう。タオルは日光によく当てて乾かす。ほかの洗濯物と一緒に洗ってかまいません。日光によく当てて乾かしましょう。